トレンド:米国の若年層の美容関係の買い物では、ナチュラルが新しい常識になっている

海外コスメ
ソース画像を表示

ソーシャルメディア、特にInstagramやTikTokでは、メイクアップのトレンドやチュートリアルが定期的に紹介されていますが、米国の若い世代、通称Z世代にとっては、美容に関してメイクアップは最優先事項ではない、あるいはもはや最優先事項ではありません。Klarna社の最近の調査によると、本物の自然さを求めて、若い世代はスキンケアやクリーンな美しさに注目しています。

ファンデーションやコンシーラー、ハイライターなどで肌の欠点を隠すのではなく、長期的に肌を輝かせるための方法が求められています。少し前までは、若者を中心に何百万人ものフォロワーがいた輪郭形成技術ですが、新たな欲求が生まれ、流行がこの傾向を加速させているようです。最近の化粧品のキーワードは、オーセンティック(本物)、ナチュラル(自然)、エッセンシャル(必要不可欠)であり、ミニマリストの日常生活を受け入れたいという幅広い願望を反映しています。

スキンケアとクリーンビューティの時代

その結果、Z世代は、メイクアップ以上のことを考えています。実際、13〜26歳の若者たちは、スキンケアを美容の聖杯と考えています。化粧品の世界では、健康という概念がますます重要になってきており、肌を育み、ケアすることが重要になっています。実際、スウェーデンのオンライン決済サービス会社Klarna社の調査によると、Z世代の10人に4人以上(41%)が、スキンケアを最も重要な美容カテゴリーとして挙げています。https://www.klarna.com/us/business/fresh-faces-full-carts-report/

今回の調査では、2021年2月に15,000人の買い物客を対象に調査を行った結果、Z世代がスキンケアに費やす金額は、前世代のミレニアル世代やX世代、ベビーブーマーよりも多いことが明らかになりました。この現象は、クリーンビューティーやスキップケアなどのトレンドの一環として、ミニマリズムや肌の健康に焦点を当てたもので、ここ数カ月の間に拡大していることを考えると、ブランドにとっては大きな検討材料となるでしょう。

若い世代では、美容製品を購入する際に最も重視するのは「天然で無害な成分」でした。また、Z世代とミレニアル世代は、上の世代に比べてクルエルティフリーやビーガンの製品を購入する傾向がありました。

持続性よりも多様性&受容性

すべての世代の買い物客は、ブランド価値が購入の意思決定に影響することに同意していますが、何が最も重要であるかについては異なる評価をしています。若い世代の消費者は、「多様性と受容性」を重要視していますが、上の世代は「持続可能性と革新性」を重視しています。

その結果、Klarnaによると、美容ブランドを購入する際、団塊の世代はZ世代よりもサステナビリティを重視しています。

アイメイクのトレンドは変わらず

しかし、世論調査によると、Z世代はメイクアップを完全に見限っているわけではありません。若い世代が特に興味を示すのは、明るい色のメイクアップパレット、特に目元用のメイクアップパレットです。フェイスマスクをしなければならないときに、顔の中で唯一目につくのが目であることを考えると、これは理解できるかもしれません。

しかし、天候が回復し、夏休みシーズンが近づき、衛生面での規制が緩和されてくると、これまでの暗いイメージを払拭するために、明るい色やさまざまなモチーフを取り入れた、大胆なビューティルックが登場するかもしれません。

MISSHA(ミシャ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました