コティ社のラグジュアリーブランド担当社長がわずか5年で辞任

未分類

シモーナ・カッタネオは、他のことに興味を持つためにビューティーマネージャーを辞めました。

ソース画像を表示

リンメル・ロンドン」や「カバーガール」などのビューティを手掛けるコティ社は、同社のラグジュアリーブランド担当プレジデントが、コングロマリットに入社してわずか5年で退任することを発表しました。

シモナ・カッタネオは、2016年に最高マーケティング責任者としてニューヨーク本社に入社し、昨年1月に社長職に就き、夏まで在籍することになりました。

この間、彼女はP&Gとの合併後のブランドの変革において重要な役割を果たしました。

美容業界での彼女のキャリアは約30年に及び、バーバリーの美容部門のシニアVP、パルファン・クリスチャン・ディオール、ロレアルなどで重役を務めてきました。

“コティ社のCEOであるスー・ナビ氏は、「この5年間のシモーナのリーダーシップ、コミットメント、情熱に心から感謝したい。

“彼女は、当社のプレステージ・ブランドのポートフォリオを構築し、メイクアップ分野での存在感を高め、コティのライセンサーとの関係を強化する上で重要な役割を果たしたほか、キムとカイリーのビューティ事業を当社のポートフォリオに統合することに成功しました。

“シモーナはCoty社の長期的な成功の基礎を築いてくれました。私たちは彼女のキャリアの次の章での成功を願っています。

コティ社は、彼女の後継者は追って発表される予定であるとしています。

カッタネオは、「2016年に最高マーケティング責任者としてコティに入社し、組織の中で昇進していく中で、多くのインスピレーションに満ちた人々と一緒に働くことができ、素晴らしい経験となりました。

“コティは、情熱的で献身的なスタッフとライセンサーとの強い関係に恵まれています」と述べています。

“私がCotyから離れ、他のことに興味を持つようになっても、将来の成功のために事業が位置づけられていることをうれしく思います」。

コメント

タイトルとURLをコピーしました