カイリー・コスメティックスに新しいボスが誕生

化粧品

アンドリュー・スタンレックは、”お母さん “クリス・ジェンナーから引き継いで、娘たちのビューティ帝国の両方を率いています。Kylie CosmeticsとKKW Beautyを率いる

ソース画像を表示

Kylie Cosmetics」と「Kylie Skin」は、コティ社が所有する美容ブランドです。

アメリカのコングロマリットで米州担当のエグゼクティブ・バイスプレジデントを務めていたアンドリュー・スタンリックが、起業家でリアリティ・センセーションを巻き起こしているKylie Jennerが設立したブランドの指揮を執ることになりました。

Kylie Jennerは、現在のエグゼクティブ・バイスプレジデントに加えて、Kim Kardashian WestがKylie Jennerの妹のブランドであるKKW Beautyを立ち上げた2年後にも経営に携わります。

現在23歳の彼女は、わずか18歳でブランドを立ち上げ、発売後すぐに、リップキットシリーズでジェンナーのシグネチャーメイクを再現し、ファンの間で大成功を収めました。

コティ社は、発売から4年後の2019年、カイリースキンを擁するジェンナーのブランドに参入し、6億米ドルで51%の株式を取得し、彼女のブランドの価値を10億ドルと計算しました。

一方、カーダシアン・ウェストは、妹に続いて、自身のメイクアップ事業の20%の株式をコティ社に2億ドルで売却することに合意し、KKWビューティーの評価額は10億ドルとなりました。

カイリー・コスメティックスのトップの座は、コティ社に買収される前は、自身の名を冠したブランドのフロントウーマンとして活躍していたジェンナーが務めていましたが、2020年に元ダグラス社の幹部クリストフ・ホンネフェルダー氏に引き継がれましたが、同氏がその役割を担うことはありませんでした。

スタンレック氏の就任前には、カーダシアン-ジェナー一族の「ママ」であるクリス・ジェナー氏が娘たちのビジネスのCEOを務めており、今後もブランドの方向性に「密接に関与」していくものと思われます。

また、スタンレック氏については、「ブランドをグローバル市場に拡大してきた実績がある」とし、「彼と密接に仕事をすることを楽しみにしている」と述べました。

また、コティ社のグループCEOであるスー・ナビ氏は、同氏の新しい役職についてコメントしています。”アンドリューは、経験豊富で尊敬されるコティのリーダーであり、事業開発の洞察力、戦略的な厳しさ、顧客志向の強さを示している。

“彼は、キムとカイリーの美容ビジネスをさらに発展させるのに適した立場にいる。

“アンドリューとコティにとっては、研究開発、製造、流通、商業、市場開拓の専門知識におけるグローバルな知識と能力を十分に活用する絶好の機会です」。

スタンレーク氏は、「このような新たな責任を担い、今日の美容業界のあり方に革命を起こす上で重要な役割を果たしてきたこれらの象徴的なブランドを率いることができ、大変光栄に思います。

“私たちは、成長を加速させ、これらの事業が新しく、革新的で、持続可能な優れた製品を提供し続けることができるよう、明確な計画を立てています。

“カイリーのビューティビジネスについては、化粧品の品揃えの刷新、オムニチャネルアプローチ、最高クラスのDTCウェブサイトとプラットフォームなどが含まれ、最終的に消費者が化粧品やスキンケア製品の全品をシームレスに購入できるようになります」と述べています。

ジェンナーのブランドが今月初めにアカウントから1つのInstagramの投稿を除いてすべて削除し、それ以来、沈黙を守っていることから、Kylie Cosmeticsのブランドオーバーホールの憶測が現在流れています。

3週間以上の沈黙の後、同ブランドのチャンネルに残った唯一の写真には「何かがやってくる」と書かれており、2500万人のフォロワーの間では、刷新が行われるのではないかという疑惑に火がついた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました