ビオレ、ニキビポジティブキャンペーンで「悪い」とされる肌に疑問を投げかける

ニュース

スキンケアブランドは、1,000人の回答者のうち7割が、トラブル肌であることを「普通」にしたいと考えていることがわかりました。

ソース画像を表示

花王のスキンケアブランド「Bioré」は、顔色の状態を示すラベルに疑問を投げかける最新の美容企業です。

ユニリーバが、より包括的になるために、製品から「普通」という言葉を削除することを約束した数ヵ月後、ビオレは、慈善団体「Ditch the Label」と協力して、「悪い」肌の日に疑問を投げかけました。

“ビオレは、「肌のことで悩んでいる若者に的を絞ったサポートを提供するために、この専門知識を結集しました」と述べています。

“私たちは、より多くのDitch the Labelサポートメンターを配置し、助けを求めてきた若者たちをサポートするだけでなく、肌の自尊心を高めるための実用的なヒントやアドバイスを共有する、特別なサポートリソースを作成しました。

スキン・エスティーム・キャンペーンの一環として、OnePoll社と共同で実施した調査によると、1,000人の回答者のうち70%が、問題のある肌を持つことを「普通」にしたいと考えていることがわかりました。

また、59%の若者が、肌の調子が悪い日には日常生活に影響が出ると答えており、25%の若者がニキビが自分の自信に「悪い影響を与える」と答え、半数が自分の肌について傷つくコメントを受けた経験があることがわかりました。

“また、25%の若者がニキビは自分の自信に大きな影響を与えると回答し、半数の若者が肌について傷つくようなコメントを受けた経験があることがわかりました。

“達成できない理想や常に比較されることは、彼らの日常生活に壊滅的な影響を与えます。クラスで発言する頻度や、自分撮りした写真を投稿するのが怖いなど、あらゆることに影響を与えます。と述べています。

MISSHA(ミシャ) 毛穴スプレークレンズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました