ZARAオーナー、店舗数の回復に伴い、5月の売上高が2019年の水準を上回ったと報告

ニュース
Zara owner reports May sales above 2019 levels as store traffic bounces back

Inditexは、21年第1四半期の売上高が49億ユーロと前年同期比で約50%増加し、5月の売上高は2019年の水準を上回りました。

「ZARA」や「Bershka」を展開するスペインのブランドは、売上総利益が59.9%と好調に推移し、売上総利益は29億6,000万ユーロとなりました。

2021年5月1日から6月6日までの店舗およびオンラインでの現地通貨建ての売上高は、店舗閉鎖や外出禁止令などの規制により取引時間の約10%が失われたにもかかわらず、2020年の同時期と比較して102%、2019年と比較して5%増加しました。売上高は、すべての地域、すべてのブランドで増加しました。

Inditex社のエグゼクティブ・チェアマンであるPablo Isla氏は、同社の「完全に統合されたデジタルで持続可能なモデルに向けた差別化とストレイジックな変革は、Inditex社で働くすべての人々が示すコミットメントに支えられ、結果を出し続けている」と述べています。

MISSHA(ミシャ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました