Snapchatは、化粧品のEコマースプラットフォームとして活用できるか?

ニュース
Can Snapchat be used as an e-commerce platform for cosmetics?

Amyris、北米で事業拡大

Amyris社によると、パンデミックが続いて小売業に影響を与えているにもかかわらず、北米の実店舗から同社のクリーンビューティー製品シリーズの在庫を確保するという重要なコミットメントを得ることができました。

バイオテクノロジーとクリーンビューティーの分野で活躍する同社は、Sephora North America、CVS、KeHe North America、Loblaws SuperSaver、Rite Aid、Walmart Canada、Wegmensなどの小売店から、Amyris社のクリーンビューティー製品シリーズの販売を確約してもらったとしています。

投資家や業界の専門家は、今回の買収はタイミングが良かったと考えています。北米ではロックダウンや規制が緩和され始めており、小売業者は今後数ヶ月の間に人出が大幅に増加すると楽観視しています。Amyris社によれば、同社の一連のクリーンビューティー製品の販売は、次の2四半期中に開始される予定です。また、同社は、自然で持続可能な安全な製品に対する需要が加速する消費者の「スーパーサイクル」を利用したいと考えています。

Amyrisの美容・パーソナルケア製品は、妥協のないクリーンな成分を中心に構成されており、クリーンな美容スキンケア製品であるBiossanceやベビー用のクリーンなスキンケア製品であるPipetteなどがあります。先月、Amyrisは、美容・パーソナルケア業界を対象とした人工知能のエキスパートであるBeauty Labs International社の買収に合意したことを発表し、ブランディングとマーケティング能力を高めました。

ナチュラの業績は強力なデジタル・プレゼンスを反映している

ナチュラ社は、デジタルおよびEコマースチャネルへの投資の効果を享受し、消費者への直接販売分野での専門性を高めた結果、非常に好調な第1四半期の業績を発表しました。多国籍企業であるナチュラは、2020年1月に買収したAvon International社の事業が加わったことで、消費者向け直接販売事業を拡大しています。

同社の報告によると、純売上高は25.8%増の95億ブラジルレアル(17億9,000万米ドル)で、現地通貨ベースでは8.1%となりました。売上高が影響を受けたのは、ブラジルの通貨がパンデミックの経済的影響により大きく切り下げられたためで、パンデミックは引き続き同国を直撃しており、医療システムに大きな負担をかけ、高い死亡率をもたらしています。

“会長兼グループCEOのロベルト・マルケスは、「ナチュラ社は、厳しい環境が続く中、第1四半期も好調な業績を達成し、消費者に直接販売するマルチチャネルモデルの強みを改めて示しました。

“当社のすべてのブランドおよび事業が当四半期にブラジルレアルの成長を記録し、デジタルおよびオンライン販売への継続的な取り組みにより、世界のCFT市場を再び上回る結果となりました」と述べています。

当社の経営陣は、今後の成長を促進する手段として、持続可能な取り組みに加え、Eコマースやデジタルチャネルへの投資を継続すると述べています。唯一、業績を冷やしたのは、ブラジルの通貨安で、海外事業の利益率が低下したことでした。

エスティ ローダー、デシエム社への出資比率を引き上げ

Estée Lauder’sは、カナダを拠点とするDeciem Beauty Groupへの既存の投資を拡大することを発表しました。同社はさらに10億ドルの投資を約束しており、多国籍大手の同社への投資額は29%から76%に引き上げられました。

ソース画像を表示

同社は現在、世界的に大きな成功を収めているスキンケア事業の過半数の株式を保有しており、幹部によると、今後数年以内に投資を全面的に買い取るまでに引き上げる可能性があるという。

デシエム社の評判は、その名を冠した「The Ordinary」ブランドから高まりました。このブランドは、消費者の特定のスキンケア問題に合わせてカスタマイズできる、非常にシンプルな製品ラインとして誕生しました。デシエムの他にも、HIF、NIOD、The Chemistry Brand、Hylamideの5つのブランドがポートフォリオに含まれています。

これらのブランドが大きな成功を収めたのは、スキンケアに対するよりパーソナルなアプローチだけでなく、忠実で熱狂的なオンラインコミュニティを育成するための会社の努力のおかげでもあります。デシエムは、2013年に事業を開始したときには、この2つの分野で先駆的な存在でした。

エスティ ローダーは、2017年にデシエムの最初の29%の株式を取得しましたが、この投資により、事業は戦略的な成長目標を加速させることができました。2020年には総売上高4億6,000万ドルを達成し、事業の総価値を推定22億ドルまで押し上げることに成功しました。

花王の事業計画は、回復を目標としています。

美容・パーソナル分野の多くの大手企業と同様、日本に本社を置く花王もパンデミックで大きな打撃を受けましたが、現在は投資を強化し、トップレベルの製品ポートフォリオを再編成する戦略的な計画により、力強い回復を目指しています。

花王は、2023年までに事業を高成長に戻すために、構造改革とマーケティング費用の増加を発表しました。

2020年、花王の売上高は約15%減少しました。日本の国内市場や欧州での厳しい締め付けの影響を受けたためです。また、花王はパンデミックの影響を特に受けたカラー化粧品カテゴリーへの露出が多いことも大きな打撃となった。

マスク着用や在宅勤務、バーやレストラン、ナイトクラブが休業または大幅に制限されたことで、カラー化粧品をつける機会がほとんどなくなってしまったのです。

最も打撃を受けたのは口紅とベースメイクで、いずれも大幅に減少しましたが、明るい話題としては、マスク着用による目元への意識の変化により、アイメイクが大きく伸びたことが挙げられます。

また、花王は最上位のカラー化粧品のポートフォリオを見直し、既存のR8カラー化粧品ブランドの「ルナソル」と「コフレドール」を、スキンケアブランドの「デュー」と「ミラノコレクション」に変更すると発表しました。

MACコスメがSnapchatで買えるようになりました

MAC Cosmetics社は、カラー化粧品の分野で常にリーダーであり、パイオニアでもありますが、今回、Snapchatで製品を購入できるようにすることで、その革新性をさらに高めようとしています。

ソース画像を表示

MACは、以前にSnap Chatで試着アプリを公開しましたが、今回、その投資をもとに、Snapchatのお客様がデジタルで試着して気に入った商品を購入できる機能を追加することにしました。

この技術は、AR(Augmented Reality:拡張現実)の試着フィルターと、気に入った商品を購入するオプションを組み合わせたもので、エスティ ローダーのポートフォリオの中ではMACが初めての試みとなります。

MACのお客様は、専用アプリをダウンロードするだけで、ダイナミック・ショッピング・レンズと呼ばれるフィルターが搭載されており、MACのリップやアイメイクアップ製品20種類を試着している画像を見ることができます。

気に入った商品があれば、その商品をタップしてショッピングカートに入れ、チェックアウトして代金を支払い、配送先情報を入力するだけです。

Snapchatは、同社が実施した調査で、94%の個人が「2021年にはARを使って買い物をすると思う」と回答したことが判明し、パンデミックの影響で大幅に加速していることから、小売業者にアプリでの商品販売に挑戦するよう呼びかけています。

ボニックプロ U-NEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました