『ラブアイランド』のモリーメイ・ヘイグ。若い女の子が美容整形を受けることを心配しています

海外セレブ
ソース画像を表示

『ラブアイランド』のスター、モリーメイ・ヘイグは、若い女の子たちが美容整形に頼ることを「怖い」と語り、将来の子供たちが見た目のプレッシャーにどう対処するかを心配していると付け加えた。

最近、顔に入れたフィラーを除去するために約6,000ポンドを費やしたことで話題になった22歳のリアリティ番組のスターは、若い女の子が自分の外見を変えようと考えるときの気持ちを心配していると言います。

また、このリアリティ番組のスターは、不安から美容整形を受けることになった経緯についても語り、鏡に映る自分がわからなくなってからフィラーを除去することにしたと付け加えました。

いわゆる “ツイークメント “が若い世代に与える影響について、ヘイグさんはコスモポリタン誌の最新号で次のように述べています。”カイリー・ジェンナー(整形)のパッケージ “など、フィラーを常態化させるのはやめるべきです。

“私が初めて唇を整形したのは17歳のときでしたが、もし10年後に私に娘ができたら、その子にとってどんなことになるのかと考えると怖くなります。また、私のフォロワーの方々の若さを忘れてしまうこともあります。私のDMに入ってくる女の子の中には、携帯電話を持っている子もいて、よく驚かされます」。

ソース画像を表示

フィラーを除去することを決めたことについて、彼女は次のように付け加えました。「クラブに出演したときに自撮りをしました。それをじっと見て、『自分の顔に何をしたのかわからない』と思ったのを覚えています。ティーンエイジャーのような顔から、(過激な整形番組)『Botched』に出てくるような顔になってしまったの。自分に自信がないと思ったことは一度もありませんでしたが、あんなことになってしまったんですね」。

インスタグラムに550万人のフォロワーを持つヘイグは、インスタグラムのスターであることのプレッシャーにもかかわらず、次のように述べています。”私は平凡な人生を望んだことはないし、私が今生きている人生はすべての女の子の夢なのよ。”

数々のファッションや美容関連のパートナーシップにより億万長者になったと報じられているこのスターは、自分のプロフィールが時間とともに消えていくことを心配していないと言います。

“そうしないのは、それから逃れるために一生懸命努力してきたからよ。今は家族の面倒を見ることができるし、去年のクリスマスには妹に車を買ってあげたわ」。

ハートフォードシャー州出身のヘイグは、2019年版の「Love Island」で一躍有名になりましたが、そこでボクサーのトミー・フューリーと出会いました。

彼女はフューリーについて、「私たちはソウルメイトだと信じているわ。私の両親は彼を愛しています。私たちはクシャクシャでムズムズしていて、そういうのが好きなの。私たちは永遠に一緒にいられると思っています。人々は私たちがいつも別れていると推測しています。トミーがインスタグラムの私の写真のひとつを気に入らないと、それについて尋ねるDMが届きます。でも、私たちはとても充実していて、まるで2人の豆のようです」。

ソース画像を表示

Hagueは、2人がシンプルな生活を送っていると語っています。

“私の夢の夜は、トミーと一緒にハリー・ポッターを見ること。社交界やクラブに行ったり、女子会に行ったりしても動じないし、お酒もあまり飲まない。散歩をしたり、TGIフライデーで食事をしたり。ブジーになろうとはしません。”

過去に『ラブアイランド』は、番組関係者の3つの有名な死を受けて、スターのアフターケアやサポートが明らかに不足していると批判されてきました。

出場者のマイク・タラシティスは、サラ・グラードンが自ら命を絶った1年後の2019年に死亡。元司会者のキャロライン・フラックは2020年2月に亡くなりました。

しかしヘイグは、番組を辞めるときにサポートされていると感じたと述べています。アフターショーのケアについて、彼女はこう語りました。”トミーと私は、彼らが私たちに連絡しすぎだと冗談を言ったほどです。福祉チームは、私のためにこれ以上ないほどのことをしてくれました。必要であればカウンセリングもしてくれるし、次のシーズンに向けてさらに改善してくれることでしょう」。

美顔器 ボニックプロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました